teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


この街に未来はない

 投稿者:元珈琲屋  投稿日:2018年10月 4日(木)22時59分47秒
  店をやめる際、大きな要因となった、あの街とビルへの予見
「この街とこのビルに未来はないよ」
が、現実味を帯びてきたようです。
先週くらいに知りましたが、伊勢丹、閉店するらしい。
B館は4年前くらいになくなってたし、営業時間も19時に短縮してはいたけど、
相模原店は外商が強いということで頑張ってました。
でも、あれだけガラガラだと、やっぱどうにもならなかったか…。

住みよい街ではあるので、ますますベッドタウン化が進むでしょう。
伊勢丹自体に大して集客力があったわけではないけども、
街のブランド力が一層低下するし、飲食に関しては、従業員の方々が
昼食に来てくれるので助かっている店もある。
影響出る店も多いんじゃないかな。

3年後くらい、どうなってるんだろう。
本厚木みたいに廃れてなければいいけど。
 
 

しらすⅡ

 投稿者:店員R  投稿日:2018年 9月25日(火)21時33分14秒
  下の記事を書いた翌日にモトコさんが来て、貢ぎ宣言をされました。
「わたくしね、あちこち出掛けて色々買ってくるんですけど、
 食べきれなくて、冷凍してあるんです。
 今度、そういうときはお持ちしますからね、あなたは目配せひとつなさらないで
 お礼もなにも言わずに、黙~ってお受け取りになってね。」

うわあ、、、。

翌日はお休みで、その翌日に出勤したら、
「ツツミさん、なんか預かり物してる。冷蔵庫入ってるから。」
と言われて、訝しがりながら見てみたら、
『提さんにお渡しください』とマジックで書かれた紙が貼られたしらすが。
またしらす漢字間違ってる内緒で貢ぐんじゃなかったの

同時に色んなツッコミが心中でなされましたが、対外的には何もコメントすることができず、
ノーリアクションとなりました。
色々言うのも、言いわけしてるみたいだし、悪意ある人からは自慢と取られかねないしね…。
お菓子とかなら、ほかの方に譲ることもできますが、しらすではどうしようもありません。
後日、お礼を言ったら、ものすごくはにかまれてました。
わたしが頂くことで、こんなに喜んでくれるなら、それはそれでいいんですけど。
どうも、なんてーかね。。

数日前、フロアの社員さんが1人入社してきました。
積極的に仕事を探せる働き者っぽく、とても礼儀正しい。
上2人に警戒されるタイプでもないので、多分、いい感じに育ちそうです。

 

モトコさん怖い

 投稿者:店員R  投稿日:2018年 9月 5日(水)21時59分14秒
  少し前の記事で、初老の女性に愛されはじめてて怖いという話を書きましたが、
順調に愛が育っているようで、更に怖いです。

来店自体は減っているような気がするのですが、来るたびの愛情表現が深まっています。
アア…。何故、こうも変な人には簡単に好かれるのか…。

前回来店時には、釜揚げしらすを貢がれました。
それも50gくらい。片手の平にこんもり、くらいでしょうか。
お冷持っていったら、袖口掴まれて、
「これ、恥ずかしいんですけどね。いま来る時、買ったから。
 他の方には内緒で。完全犯罪でね。」
断るわけにもいかず、受け取りましたが、厨房に戻るなり
「てんちょー。いまモトコさんに皆に内緒ってしらす貢がれましたー。」
と申告しました。
黙って懐に入れるのは、真夏の暑いロッカーに入れておくの現実的にも不可能ですし、
黙っていることで、ヒミツの関係が成立しそうで怖かったんですよ…。

独立前の修業時代にも、ちょっと変わったおばさんに生たらこを貢がれたこともあります。
その時は、立派なたらこが二腹入っているパックを渡され、1腹だけくれると言うのです。
色々、思うところはありますが、とりあえず、生の海産物はヤメテー、と言いたいです。

そして、昨日ひさしぶりに来店された際には、やたら触られました。ひぃぃぃ。
帽子もシャツもアクセサリーもピンクという出で立ち。
左隣にメニューを持ってきた他のスタッフがいるのに、
右側からお冷を持ってきたわたしの耳元に首を伸ばして、「おひさしぶり。お元気でした?」。
囁くのヤメテー。
「えっと、ホウさんじゃないのよね(まだ言うか)。ツツミさん、と会えたのも
 私は何かのご縁だと思うのよね。」
二の腕掴むのヤメテー。

「ええと、ちょっと触っていいかしら。」
(無言)いいわけないよね。
指をしっぺの形に2本だけ延ばして、袖のない肘下にぴとぴと当ててくる。
「まあ!すごく温かいのね!」
わたしー、末端冷え性のはずなんですが、ちょっと恐怖でバクバクしてたかな。
ぴとぴと触るのヤメテー。

本気でちょっと、怖いんですけど。


8月中は連勤が多く、キツい週もあるシフトでしたが、
今日、9月前半のシフトを見たら、なに、この楽々さ。
15日までのうち、休みが6日もありますよ。祝日の影響?夏休みの残り?
連勤も2日が2度ほどあるだけで、あとは飛び石。
連休こそないものの、12日の水曜がらみで、またどこか行こうかと思います。
前日火曜の勤務後、バスタ新宿から夜行バスに乗ってどこかに行き、
翌日夜に帰ってきて、新宿泊。翌日は遅番だから楽々出勤。
1日働いたら、また翌日休み。
行けそうじゃないですか。
わたし、1度どっか行くと「今度は仕事頑張ろう」ってならないで、
「またどこか行きたい…」ってなるほうなんですよね…。
 

温泉最高

 投稿者:店員R  投稿日:2018年 8月28日(火)23時50分31秒
編集済
  何の問題もなく帰宅しましたー。

もう、温泉最高。
ものすごく泉質が良かった。ぬるさも最高。
いま、ちょっとアトピーひどくて辛かったんですが、
たった1日で随分楽になりました。
ほんと、お風呂だけでこんなに違うなんてねー。
湯治したーい。
食べてる時と、寝てる時以外は、ほとんどお風呂にいました。
ひとり旅のいいところです。

思った通りワインは微妙でしたが、葡萄のお酢はとても美味しく、
毎日フルーツ酢を愛飲している身としては、嬉しい限り。
贅沢して、たくさん飲めて幸せでした。

今回は、列車も普通で行きましたし、外食することもなく、お手軽旅行でした。
初日は昼前に出て、藤沢から快速アクティで熱海まで。熱海から三島。
三島から修善寺で、約3時間。
面白いのは、踊り子号が三島から突然普通電車になるとこです。
「この列車は当駅から伊豆箱根鉄道になります。」
自由席も指定席もなく、車両はそのままに、ただの普通列車扱い。
事前に乗り換え案内で、特急料金が出なかったので「?」と思ってましたが、
それがなかったら、戸惑って乗れなかったかも。

14時半に修善寺に到着し、シャトルバスで15時ホテル着。
15時50分からワイナリーツアーのバスが出るので、
即、お風呂。寸暇を惜しんで入浴しますよ!
施設独自の源泉だそうで、湯量も豊富。
無色透明のとろみのあるお湯で、かなりのぬるさ。
事前にチェックしてきたので、泉質も問題ないし(硫黄入ってると大変なことになる)、
これは素敵。素敵お風呂だ! わーい♪

ほくほくになってワイナリー到着。
見渡す限りのぶどう畑は美しかったけど、ワインはいまいち。
有料試飲で、高いのも何種類か飲んだけど、うーん。
ライトボディの限界かな。
社長のコレクション見たら、オーパスワンとか、マルゴー、ロートシルト等
わたしでも知っているような重厚系が多かったから、少しは期待してたんですけど。
この社長、自社製品飲まないだろ、と思いました。

17時にホテルに戻り、夕食の18時半まで、またお風呂。
夕食はブッフェ形式で、蟹が売りですが、割とスレンダーな上、
自分でハサミで切らねばならず、蟹もちょっと手がかゆくなるわたしは
そこそこで中止。
品数も多くはなく、豪華なものもなかったけれど、どれも普通に美味しくできており、
こまめに補充することで、なるべく出来たてを提供しているところは良かったです。

いまいちと言いつつ、それなりにはワインも飲んで、お腹いっぱいで部屋にもどり、
ベッドに転がって、普段見ない、他愛もないテレビを眺める。
落ち着いたら、お風呂行こう、と思いながら、うとうと。
贅沢ー。ひとり旅のこういうとこ、癒されるー。
ちょっと寝てから、ぎりぎりまでお風呂に入って、
部屋でエアコンつけて涼んで(ここ大事)、またテレビ見ながら、だらっとする。
翌日のバスの時間など確認し、2時頃、眠くなったので就寝。

翌朝も、ゆっくりお風呂。ゆっくり朝食。
時間に余裕があったので、売店で会社用のお土産などを買い、
部屋置きの期待できない赤ワインや、自分の荷物の一部とともに、送ることにする。
どうせ駅でコインロッカーに入れるなら、送っても300円くらいしか変わらない。
旅先で身軽な鞄ひとつっていいよね。

修善寺駅からバスで5分ほどの修善寺温泉へ。
こじんまりした古い温泉街で、1時間で充分な感じですが、割と良かったです。
修善寺を見て、川沿いを歩き、竹林を抜けると、もうひと回り。
おいしいお饅頭屋があったので、珍しく自宅用に購入し、12時半に早々に駅に戻りました。
そして、ちょうど普通列車の踊り子号が来てたので乗り込み、三島まで。
三嶋大社に行くか迷いつつも、すぐ来た電車に乗り熱海。
途中下車するか、少し迷ったものの、少し前来たなと考え直し、小田原。
蒲鉾かういろうでも買おうかと考えてたら、快速急行がきたので乗車。町田へ。
色々考えはするものの、乗り継ぎが案外よくて、結局まっすぐ帰ってきました。

旅は気分転換には最適です。リフレッシュしました!

http://

 

3連休!

 投稿者:店員R  投稿日:2018年 8月26日(日)23時12分20秒
  きっつい4連勤が終了し、明日から3連休です。
これが夏休みなのかなぁ?

家にいたら、だらっと過ごしてしまうのが目に見えているので、
明日から1泊で、修善寺に行ってきます。
誰とも休みがあわなかったので、ひとり旅2です。

ワイナリーを持っているホテルなので、明日はワイナリー見学だけする予定。
夕食はワイン飲み放題、部屋にも1本ワインが用意されているようですが、
それが目的ではありません。本当に。
夏休み時期で、ひとりで泊まらせてくれる宿って少ないんですよね。
ひさびさの温泉~♪

これから色々調べて、荷造りして…。
いますぐ寝そうなんですが、大丈夫かな。
 

甲子園

 投稿者:店員R  投稿日:2018年 8月17日(金)21時51分50秒
  およそ、わたしには無関係そうなタイトルです。
実際、普段高校野球は見ずに終わることが多いのですが、
社食でテレビのそばに座る機会が多いので、今年は見るともなしに見てます。
これまで、試合の一部を見ることは、ごく稀にありましたが、校歌斉唱まで見たのは初めて。
その、のけぞった歌いぶりに、
「このチームは、このパフォーマンスを甲子園のために練習してきたのか?」
と思っていましたが、何校か見てたら、あれがスタンダードなんですね。
驚きました。
その初めて校歌斉唱を見た学校のピッチャーが、全く素人なわたしにも、いい投手に見えて、
帰宅してから迪子に、わかったようなことを言ってました。

「校歌斉唱って、すごいのけぞってるものなのねー。
 で、そこの投手が中々良くてさ。
 速いし、ボールに見えるような球でも、ちゃんと際どくストライクに入る変化球あるし、
 あと、勝負強い?っていうのかな、度胸あって良かった。」

そんなこと言ったので、なんとなく気にかけていたら、今日は地元神奈川の高校とあたってました。
全く地元愛などないわたしは、その投手のチームが逆転勝ちしたので、微妙に気分良かったです。

対戦相手の神奈川のチームが、その投手を賞賛するコメント出してる記事を見て、
「大○、半○ないって~!」 を思い出しました。
あれは、なんだろうね、秀逸だったよね。
誰もが、ちょっと微笑んでしまうような。
悔しくてたまらんと思うような努力をしてきたからこそ
そういう賞賛の仕方ができて(というよりするほかなくて)、
そんな経験を若いうちに積んだってことは、どれほどの素地になるんだろうね。

そんな眩しき若者たちを見たあとに、淀みの職場に戻ります。
あんな狭い場所で、やってる仕事も単純で、みなさんバイトで、
どうしてそんな面倒なことが発生してくるのか理解できませんね。
そんな中で井の中の蛙にはなりたくないものですが、
とらわれるのも、また同じに愚かしいことだと心底思ってます。
自分がちゃんと仕事してれば、もうそれでいいんじゃないかな。


 

喫茶去

 投稿者:店員R  投稿日:2018年 8月 9日(木)20時59分8秒
  「四季春」というお茶を買ってみましたー。
発酵の浅い、緑色の烏龍茶は香りのいいものが多いですが、
このお茶は「テンション上がる」系な香りな気がします。
茶壺(チャフー)は、高島屋の不良在庫処分で200円で買えたガラスのもの。
中国茶が美味しいのって、たっぷりの茶葉を小さな容器で、さっと淹れるからだと思います。
普通サイズの茶器でも美味しいですが、小ぶりの茶壺をを使うと格別です。
不本意ながら、あんまり楽しい記事が書けてなかったので、たまには単純なお茶の話でした。

そういえば、ちょっと変?な常連の初老のおばさんに愛されはじめて、参ったな、と思ってます。
最近、妙にわたしを見る目が甘いというか、とろけそう…。こわい。
「お声ですぐにわかりましたわ。」
「今日もお顔が見られて嬉しいです。」
「あなたがいると、ほっとするんです。」
「いつも物静かで、知的で素敵ですよね。」←いかにわたしが黙々と仕事してるか。
「あのね、ここがベストではないかもしれないけど、是非、ずっといらしてね。」
でも、わたしのこと、中国の人だと思ってたみたい。
「ホウさんではないの?」って言われました。ツツミってホウって読むの?

昨日は台風でしたが、台風とは関係なく、横浜線に体当たりをかましてしまい、
あちこち打ち身と痣ができました。
あいつ、堅いよ!
 

暑。

 投稿者:店員R  投稿日:2018年 8月 1日(水)22時41分45秒
  言っても仕方ないので、あまり言わないんですが暑いですね。
今日は連勤明けの休日でしたが、暑さに負けて何も出来ず終わりました。
整骨院もサボってしまった。
例年と同じくエアコンなしで過ごしてますが、こう言うと今年は真顔で
「え?なにやってるの?」と言われます。
ほんと、やばいですよね。

梅雨明けの猛暑に、さすがの親父もエアコン購入に同意したのですが、
いざ買いにいく日の朝が、あいにくちょっと涼しかったんですね。
そしたら突然、絶対に駄目だ無理だ扇風機があるのに要るはずがないとか言いだしまして、
結局、白紙撤回されました。
奴が死ぬまでは買えないっぽいですわ。

猛暑とは関係ないですが、今年はカブトムシによく遭遇します。
隣の公園で繁殖したのかもしれません。
昨日・一昨日と、帰り道に階段でも遭遇しました。
久々に生で見ると、カブトムシの3D感ってすごいですね。
あんな分厚い昆虫あんまりいないのでは。
昨晩は、その分厚い昆虫が蛍光灯に体当たりをかましてまして、
すごい重量級の音にびびって、思わず「きゃー」とか言いました。
飛んでなければ、そんなに怖くないんですが、飛ぶと全ての昆虫への
恐怖心が跳ね上がりますね。距離詰められるの一瞬になりますから。

仕事のほうは相変わらずです。
結構アホみたいないじめ?にあってます。
この前のメロンみたいなのはOLさんの場合だと、立派な
「おやつはずし」という、いじめ種目に入るんですって。
低俗ですね。
現在は主に、仕事外し、みたいなことが主流です。
わたしより、だいぶ後から入った子にばかり仕事をどんどん教えて、
わたしには新しい仕事を教えない方針らしいです。
レジとか、発注とかですね。
いまは開けに入ることが多いので、納品とか発注準備とかできないと不便なので、
「今日、時間があったら教えてください」と言ったら
「実際のモノがない日は説明しづらいから、また今度。」と言われたのに、
昼過ぎに出勤してきた、新しい子に教えてみたりね。
この前は、その新しい子にレジの経験積ませてたら(わたしには教えてもない)、
珍しく、フロアノータッチの店長が気付き、
何で新しい子がやってるのに、ツツミさんやってないの?と突っ込まれ、
しぶしぶレジを教えてもらいました。
その後、実践からは外されているので、習っただけみたいな形になってます。
あと、変なことで怒られるのも、わたしならではで、
仲良しの同期の子は、ジョーさんチョーさんが上がると、
「やっとツツミさんの、のびのびタイムですね~」とか言ってきます。

そのくらい、わたしにアタリが強いのは周知のことなんですが、
ジョーさんチョーさんに好かれず、頑張ってたのに1年で辞めた前社員さんを見てきた
ナンバー3の平和主義者、通称「パイセン」は、最近妙に気を使ってくれます。

「ツツミさん、色々だいじょうぶですか?
 なんかもう、見てるのも聞いてるのも、しんどい感じになってますけど。」
と、声をかけてくれました。
「さっきの別にツツミさんが悪いわけじゃないので、気にしなくていいですよ。」
とかね。
それは有難いんですが、ちょっと恥ずかしいですね~。
いくら先輩とはいえ、まだ20代の子に、仕事じゃなくて、人間関係の心配されるなんて。
わたしにしてみれば、守ってあげなきゃいけないのは、こっちのほうですよ。
いまのところ、わたしは全然だいじょうぶなんですけどね。

でも、ナンバー3の心遣いは有難い。
「ありがとうございます^^ これはもう、わたしの問題じゃないって思ってるんで
全然大丈夫ですけど(うんうん、と頷かれる)、ただ、そろそろぽろっと言っちゃいそうで、
それが怖いですねー。わたし、本当に普通に言っちゃうことあるんで。」
「ツツミさん…。冷静に、大人になって…」
「冷静ですけど、大人じゃないですね^^」

わたし的に、口答えをしない期間の2カ月が終了しました。
仕事を教えない、とかに口を出す気は全くありませんが、
理不尽なことに、ぽろっと口を滑らすことは無きにしもあらずです。
別に好んで争う気はないですけどね。
 

不調自慢

 投稿者:店員R  投稿日:2018年 7月13日(金)22時42分0秒
  今日はお休み。
整骨院と、久しぶりにJKにお茶を教えに行ってきました。

整骨院は現在2つをかけもちしてます。
最初に行ったのは、保険診療がメインで、お年寄りも多く、
いつも混んでいるタイプのところ。
予想通り足底腱膜炎と診断され、足の付き方がかなり悪いと言われました。
何より、立っている時に、足の指が浮いていて、殆ど使えてないのが原因とのこと。

これを聞いたとき、わたし、びっくりしたんですよね。
立つときに足の指なんて使わないよ!って。
だってね、足の裏って母趾丘と踵が出っ張ってるんですから、
普通に考えて足の指なんて着く余地ないでしょう。
と 思っていたのですが、どうも違うみたいですね。
椅子に座った状態で、迪子たちの足を見てみると、確かに指がついてます。
わたしは、かなり指に力入れないと、床につけることができません。

それでも、歩くときは、最後親指で蹴り出すことを意識してます。
それに、以前練習してみたら、右足なら案外字が書けたし、小指だけ動かせるし、
足指の可動域は結構広いほうだと思ってたので、使えてないなんて驚きました。
そういう、器用さは求められてないらしいです。

基本的には、電気治療と、筋肉をほぐすことをやっていくことになったのですが、
足のつきかたが悪いと言われてしまうと、痛みをなくしていくだけじゃ完治しない気がします。
出っ張ってきちゃった骨も戻らなそうだし。
それで、今度は整体メインの、自費診療が加わる整骨院にも行ってみたんですね。

最初に、足の測定機とやらに乗っかります。
足裏のどこに力が入っているのか、サーモみたいに色分けで出たり、
足のサイズ(わたしは左右で0.9違いました)や、親指のついてる角度など
様々な情報が表示されます。
足裏の負荷のかかり方が色つきで表示されるものでは、わたし、足の指がありませんでした。
つまり、浮いてて測定不能。
骨盤は左右で違う方向に曲がっている上、開いており、ねじれ状態。
「かなり、ガタガタですね。」
潜在的な腰痛・肩こり持ちだとか、左右で足の長さがかなり違うとか、
あちこちで言われてきたことを、まとめて指摘された感じで、全12回の予定で治療開始。

まず、痛みをとるために、やっぱり電気治療。
もうひとつの整骨院では足の裏にだけかけていた「ハイボルト」という保険外のものがメイン。
普通のと違い、出力が高く、
「強ければ強いほどいいので、痛くても我慢できる限界まで上げたほうがいいです。」
と両方で言われました。
限界で教えてって言われてもですね、わたしは痛いのってどこから騒いでいいのか分からないんです。
「気絶するまで、大丈夫だって思ってるタイプだよね」と言われたことありますが、多分そう。
段々、出力あがってきて、結構ビリビリ痛い感じになり、かけている場所よりも、
アキレス腱とか、足裏の腱とか、そういうところが痛くなってきます。
しかし、限界かと言われると「?」
黙っていると、え?という顔で様子をうかがわれ、やがて「これがMAXです!」
両方の院で最高値までいきました。
こっちの院では8か所くらいにかけるんですが、耐えやすい場所と痛い場所があります。
足裏なんかは、漫画みたいに、指先が勝手に反り返り、硬直しビクビクします。
毎回、なんで、お金払って こんな痛い思いをしてるんだろうと思います。
ちなみにMAXは250V。場所によっては150Vです。
中々そこまでいく人すくないそうですが、わたしは別にそんな記録目指してません。
そこから整体に入り、45分ほどで終了。
まだこっちは2回目だから効果はわかりませんが、かけもちしている効果もあるのか
症状が軽かった右足の痛みはなくなり、小鹿状態を脱しました。

タオルを1枚足指だけで たぐりよせるトレーニングや、テニスボール踏み、
足の指使って立つ訓練などやりつつ、しばらく整骨院通いが続くようです。


そうそう、店のほうでは、相変わらずジョーさんとチョ―さんに、
いろいろ怒られてますが、あるとき気付いたんですよね。
あれ? わたしには、ほかのひとよりアタリがキツくね?
気のせいか、わたしが一番理不尽に怒られてるし、
業務に支障でるとこで返事してくれなかったりって、他の人にはやってない。
わたしより後に入った新人ちゃんを、理不尽に晒さないよう守っていた甲斐もあり、
その子は割と可愛がられてるので、それは本当に良かったんですが、
それって、どうも、わたしへの当てつけ的にやってる面がありそうに思えてきて、
わたしに教えないことも、その子には親切丁寧に教えて、間違えても優しいです。

ん?
いや、わたしに矛先が向くことで、この先の子たちが優しくされるなら、
それはそれで別にいいんですが、これ、やっぱり社員のわたしにマウント取ってるのかなぁ。
だとしたら、愚か過ぎませんかね。

シフトですれ違ってて、久々に会った、同期の仲良しの子から、
「ほかの人、何人かから、ツツミさんにやたらアタリがキツくって気の毒、みたいな
 話聞いたけど、だいじょうぶー? あんな風に言わなくてもって言ってたよ。」
みたいに声をかけられて、
「! そうか!やっぱりそうだったのか!他人から見てもそうなんだ!」
と、わたしにだけキツい説が主観のみじゃないことが判明しました。

しかし、わたしを凹ませることができるのは、正論だけです。
理不尽な悪意は見下すだけなので、俄然精神的に楽になってくるんですね。

そして昨日、驚くべきことが起きました。
みんな大好きイケメン店長が里帰りしてた土産に、メロンを買ってきてくれました。
これだけ今日の子で分けてー、と半身を切ったの渡してくれたのをジョーさんが受け取りました。
まず、自分と厨房の社員さんに6切れずつくらい皿に取り分け、
フロアナンバー3の方にも、お皿に数切れ、ほかの子にも2切くらいずつ分けてたようで、
前述の同期の子が接客から帰ってきたときに、自分の皿から1切れ分け、
残りを、わたしに背を向けて、がつがつ食べたんです。

そう、わたしにだけ、メロン、くれなかったんですよ!
すごくないですか、このレベルの低さ。もう笑っちゃいました^^;
そのガツガツ食べてる背中が何とも浅ましく滑稽に見えて、ほんと失笑。
「いや、メロン1切なんて、別にいらないし…」
そんなことが嫌がらせになると思っているのだったら、
わたしはそんなバカじゃないと言いたい。

これは、ずっと仲良くならないかもなー。
 

1カ月

 投稿者:店員R  投稿日:2018年 7月 4日(水)20時39分44秒
編集済
  ようやく、店舗勤務1カ月経過しました。
あの夢のような「家事手伝い」生活が、遥か遠い記憶です。
まだ1カ月分の給料をもらう資格しか手にしてないのかー。
新しい職場だからだろうけど、1カ月って長いな。

店舗での立ち位置は、あまり前回と変わっていません。
長い目で見ないといけないお話ですから、ぼちぼちやっていくしかないですね。

先日、帰りの横浜線に22:30ごろに座っていたら、
向かいに座っていた女の人が、ハンカチを巻いた飲み物を飲んでまして、
それが中々やさぐれた飲み方で、あれ、絶対酒だな、お疲れ様なんだろうなと思いました。
俯いた顔からでも、しっかりと描かれた眉と、濃い目のアイシャドウが見てとれて、
お洋服も中々お洒落。仕事中は武装してるんでしょう。
手には、ビニール、、って、銀ぶのじゃないですか。
ん?あれ? あれって、UエDさん…。
わたしが2年連続でお世話になった、デパ地下派遣の店の店長さんでした。

これは、声をかけるべきなのか?
やさぐれ姿は見せたくないだろうけど、わたしちょっと気に入られてたし、
内情知ってて無関係って、愚痴るのに最適な人材だよねぇ。
同じ駅なので、結局、電車を降りてから、いま気付いたように声をかけました。
もちろん、氷結の缶は見て見ぬふりです。

「銀ぶの袋だったから、もしかしてと思いましてー。」
「あ、これね、あげるよ。隣の果物屋からしょっちゅうもらってて困ってた。」
「アメリカンチェリー! 果物大好きです!ありがとございます^^
 えと、お礼にビールでもおごりましょうか?」
さすがに心配になる やさぐれ具合でした。
でも、立場的に向こうが上司ですし、仕事もあるしで、飲みはまたにして、
その日は、暫く歩きながら話しました。

「いやー、ついに部長に辞めたいって言ったんだよね。」
「あらら、いつもご立派に働いてらっしゃるのに、どしました?」
「なんかさ、気持ち悪くなってきちゃったんだよ。」
「何にです?」
「客も、スタッフも。もう人間気持ち悪くて。」
「病んでますねぇ。わたしも結構人嫌いですけど。」
「え、そうなの! ツツミさん、接客上手かったじゃん。」
「上手いかどうかは分かりませんけど、接客嫌いですよ。知らない人苦手だし。
 売るのが仕事だから売ってただけです。」
「だよね!仕事じゃなかったら誰がやるかっつーの!
 てーか、人が嫌いだから、なにすれば喜ぶのかわかるんだよ!」

うん。中々やさぐれてるね。
道が分かれる交差点で、「辞めたら本当に飲もうね!」と別れました。
どの仕事も大変だ。

その約10日後。
また深夜の横浜線で座っていたら、前に立っていた人のスカートに目が止まる。
中々いいスカート。わたしのこういうのチャリに巻き込んで駄目にしちゃったんだよね。
また買うかなぁ、と視線を上げて行ったら、手には氷結。
ん? 頭上から「おーい」と小さな声が降りてくる。
おおう、UえDさん。
連日、新宿から帰ってくるわたしと同じ時刻の電車とはお疲れ様です。

「いやさ、今の子って、やりたくねーことやんねーのよ。
 責任持ちたくないからって、レジ閉めやらないし、
 接客嫌だから、バックヤードにいるとか言いやがるし。
 そしたら、結局自分が売るしかないじゃん。
 閉店後にしか事務仕事が出来なくって、毎日この時間だよ。」

それはそれは。。
この人もなー。人に頼れな過ぎなんだよね。
そしてそれを、「私はだれも信用してない」と公言してしまう不器用ぶり。
まっすぐな人なんだけどね。

仕事で楽しくやるって、やっぱり凄く難しいのかな。
自分の修業時代の店が、マスターが怒鳴ってばかりだったから。
「この人ひとりがどう在るかだけで、ここにいるスタッフ全員の50時間以上が
 楽しくないものになってしまう。自分は絶対こうはなるまい。」
って強烈に思ったんですよね。
だから、うちの子たちにはなるべく軽い足取りで店に来てほしかった。
わたしは出来た人間ではないから、それでも皆さん色々我慢してくれてたのでしょうけど、
みんなが楽しい雰囲気でやろう、と思ってれば、職場って全然違うと思うんですけどね。
難しくしちゃう人って、必ずどこにもいるのかなー。

ちなみに、今日は整骨院に行ってきました。
今年の銀ぶさんの勤務2回で、足の裏を痛めちゃってたんです。
あそこは黒パンプス限定で、2回とも10日くらいの勤務だったから、
足にあまり合ってないの我慢してはいてたのが災いしました。
仕事終わったらもう、生まれたての小鹿のように、歩けない。
足の裏全体に激痛が走り、何かにつかまらないと立てないくらいでした。
その後のマネキンは、パンプスじゃなかったし、次第に治まってきてましたが、
この1カ月で、やや再発。
ネットで調べたら、足底腱膜炎というようです。
しかも、土ふまずの上のあたりの骨が出っ張ってきちゃったので、行ってきました。
足全体の状態が、あまり良くないので、なるべく毎日来てくださいだってさ。
筋肉は「うっす!」だそうです。
知ってるよ!

 

レンタル掲示板
/52