teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


来年もよろしくお願いします

 投稿者:孫右衛門  投稿日:2010年12月30日(木)22時34分20秒
返信・引用
  今年もあと1日と少しとなりましたね。
奥州街道も仙台に達しましたが、またこれからが長いですね。でも少しずつUPいただいたほうが、こちらも見る楽しみがあります。
来年も情報交換が出来ることを楽しみにしております。

http://www8.ocn.ne.jp/~kyosyu/

 
    (Hitosh) いよいよ、今年も終りですね。
この一年間、いろいろと紹介していただきありがとうございました。

旧奥州街道も仙台道(芭蕉の辻)までは、何とか完了しました。
この先も長いですが、道標をしっかりと確認しながら
歩を進めて生きたいと思っております。

また、新年もよろしくお願い致します。

 
 

今冬の夜景 (21)

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月30日(木)08時13分43秒
返信・引用 編集済
  > 現栃高は明治29年に「栃木町大字園部旧県庁構内」に栃木分校が出来たのが始まり

旧県庁も「大字薗部」である事から、入船町を含む栃木市中心部一帯が「薗部村」に
属した様ですね。尋常中学本校の宇都宮移転から分校設置まで、十年余り空いており、
県庁堀に囲まれた長方形区画は、栃木高のほか第二小学校も擁する規模である事から、
尋常中学本校も同地に所在したと見るのが自然でしょうか。

もっとも、出雲市の中心地区に位置した県立三中が大社に移転、大社高の前身となり、
その跡地に移転した女子師範の併設高女が、出雲高として現在に至る様な事例もあり、
確証には至っていません。

============================================================================

次は「コスモ・ワールド」の大観覧車辺りを紹介すべき処ですが、三脚が無かった為、
大きく俯いての構図撮影に ことごとく失敗したのでした。俯角、もとい、不覚(^^)
………という訳で、横浜編を終わります。
 
    (Hitosh) >横浜編を終わります・・・・

いつも、横浜を紹介していただきありがとうございました。
これからも、よろしくお願い致します。

 

今冬の夜景 (20)

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月29日(水)08時38分0秒
返信・引用 編集済
  > 東京帝大の電気工学科を出ているのですね。ホント、その道の大先輩です

旧制中学も、Hitosh様の大先輩かと思いきや、中等教育は東京で受けられたのですね。
1874年の御出生に対して、栃木県尋常中学(現・宇都宮高)が県庁の移転に連動して、
栃木(旧薗部村)から宇都宮へと移転したのが1885年、その栃木分校(現栃木高)は
1896年創立で、栃木においては、中等教育期間の「空白期間」に当たる様です。

町村制施行以前の事なので「旧薗部村」の具体的な範囲は不明ですが、栃木市薗部の
界隈とすると、同地にある栃木女子高が、上記の尋常中学本校の校地を継承したのか、
あるいは、入船町地区まで、村域が及んでいたなら、校地の継承は、栃木高に対して
行われたのか、その辺りが、積年の謎となっています。

============================================================================

今回は、ベイ・ブリッジから羽田空港にかけての様子です。下段画像の左上に見える
飛行機の航跡は、角度が急なので、離陸時のものと思われます。先刻の報道によると、
国際線の本格就航で、羽田空港の貿易額も前年同時期との対比で四倍に増えたとの事。
やはり、成田より首都に近い「地の利」の産物でしょうか。
 
    (Hitosh) 私も、栃中の大先輩かと思いましたら違うのですね。

現栃高は、明治29年に「栃木町大字園部旧県庁構内」に
栃木分校が出来たのが始まりのようですね。

栃女のある園部町1丁目は、私が栃木にいた時でも、
町から離れた田園地帯でした・・・・

 

今冬の夜景 (19)

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月28日(火)07時35分3秒
返信・引用 編集済
  > あの辺は、まさに日立の城下町ですね。

日立の市街形成自体が、鉱山開発や工場立地を出発点としていますからね。それ以前、
徳川時代の旧多賀郡の拠点は、松岡藩の城下である、高萩市の松岡地区だった様です。

> トヨタ、NTT、本田技研に続いて 4番目の大きさなんですね。従業員は35万人

日立の街を歩くと、一時期ほどではないにせよ「日立」を冠する企業の多さがやはり
目立ちます。これら全てが日製の系譜とは限りませんが、日製グループと何かしらの
関わりはありそうです。

> 株価は今日の終値は 411円でした。

英国に高速鉄道車両を納入する際に、政権交替による海外版「事業仕分け」の影響を
受けるなど、色々と御苦労もあった様ですね。一方「重厚長大 → 軽薄短小」と云う
産業構造の変化に伴い、古くからの事業所が集中している日立の街も、茨城県内では
まだまだ「大都会」ながら、人口集積面でつくば市を下回るなど、拠点性は相対的に
小さくなっている様です。五年前の日立電鉄線の廃止は、元々、経路上の立地条件が
悪かった事情があるにせよ、日立市が置かれた状況を反映した感すらありました。

> 元は久原財閥の久原鉱業所日立鉱山の掘削機械やポンプ、モーターの修理工場

財閥を率いた久原房之助は、児島湾の干拓事業で知られる藤田伝三郎(先日、中国で
社員が拘束されたゼネコンも、創業者が同姓なので、同じ系譜かと思ったら、どうも
異なる様子)の甥という事もあり、国政にも関わるなど、かなりの御仁だった様です。

一方地元では、日立鉱山の技術者から日立製作所を興した小平浪平の方が、知名度は
高い様ですね。旧家中村(東武日光線沿線)出身だそうですから、Hitosh様にすれば、
郷土が輩出した偉人にして、御専門の分野でも偉大な先達という事になるでしょうか。

============================================================================

横浜も、夜の帳が深まって参りました。磯子方面から反時計回りに眺めて参りませう。
夜の埠頭は、実に情趣がありますが、荷役用の垂直クレーンが、ともすると断頭台に
見えてしまうのでした。
 
    (Hitosh) 荷役用のクレーン、あれは大きいですね。
傍で見ると、見上げるようです。

日立製作所の創業者小平浪平氏は、
栃木市の隣村の家中村(現栃木市)なんですね。
義叔母の実家が家中で、従弟と良く遊び見行ったことがあります。

東京帝大の電気工学科を出ているのですね。
ホント、その道の大先輩です・・・
(足元にも及びませんが)
 

今冬の夜景 (18)

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月27日(月)08時38分37秒
返信・引用 編集済
  > たしか「虹の架け橋」と呼ばれていたような? 小説にもありますね「海門橋」

御指摘の「虹の架け橋」の呼称は、恥ずかしながら、存じませんでした。小説の方は、
1930年に完成するも、設計上の問題から、1938年の洪水で流失し、土木業界の教訓と
言われた三代目橋梁を取り上げたそうですね。この橋梁は、水戸と大洗を結んでいた
路面電車の延長線との併用になっており、戦後、再建された現行の橋梁は道路専用と
なった為、洪水を理由に鉄道が部分廃止された先例となりました。

> 夜は、子会社の現地社員の案内で、夜景を見下ろしながらの食事でした

米国の子会社を介しての夜景ディナーとは豪勢ですね。Hitosh様の御専門から考えて、
大手電器メーカーに御勤めだったかと拝察申し上げます。それに託け、地元の電器系
企業城下町である日立の夜景(神峰公園付近より撮影)を紹介します。

上段画像は日立駅周辺、中段画像は日立港・東海村の遠望です。そして下段画像では、
いかにも工都・日立らしい工場を隔てた水平線の彼方に、鹿島臨海工業地帯と思しき
灯火群が見えて、何となくトクした感覚です。地形的には神戸に良く似た日立の夜景、
御値段は一体、ハウ・マッチ?(あの人気番組の終了から20年が経つのですねぇ)
 
    (Hitosh) 日立や、日立電線は仕事で何度も行ったことがあります。
あの辺は、まさに日立の城下町ですね。

調べてみたら、日本最大の総合電機メーカー日立は、
トヨタ、NTT、本田技研に続いて4番目の大きさなんですね
従業員は35万人・・・
でも、株価は今日の終値は411円でした。

元は久原財閥の久原鉱業所日立鉱山の掘削機械やポンプ、
モターの修理工場だったようです。
 

今冬の夜景 (17)

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月26日(日)11時31分39秒
返信・引用 編集済
  > 海外では、サンフランシスコが印象的でした。

画像検索すると、金門橋と絡めて垂涎モノの味わいです………と思ったら、中心街に
直接乗り入れる吊橋は「ベイ・ブリッジ」で、金門橋は、市街地とは丘で隔てられた
位置関係なのですね。

私自身は、渡米経験が皆無なので、同じ赤色塗層のよしみで(金門橋の命名は、橋が
架かる「ゴールデン・ゲート海峡」に由来するのですね)地元・那珂川の河口にある
金門橋ならぬ「海門橋」を掲出しましょう(^^)上段は大洗側から見た橋梁、中段は
河口に面した那珂湊漁港、下段は涸沼川との合流点です。到底、金門橋と比較できる
代物ではございませんが(^^)

仕事柄、米国出張の可能性が無くはないのですが、年明けより、帳簿に追い回される
事務部門を拝命し、海外どころか 国内遠征という役得も潰えてしまいました(滂沱)
 
    (Hitosh) 金門橋は、昼間行きました。

夜は、子会社の現地社員の案内で、夜景を見下ろしながらの
食事でした・・・

海門橋も美しい橋ですね。ネーミングも素晴らしいです。
たしか「虹の架け橋」と呼ばれていたような?
小説にもありますね「海門橋」・・・
 

ホワイト・ページェント

 投稿者:YSK  投稿日:2010年12月25日(土)22時58分6秒
返信・引用
  こんばんは、強い寒気により寒さが厳しい週末ですがいかがお過ごしでしょうか。

本日は強力な寒気のため日本海側から雪雲が流れ込み一日中雪の舞う仙台で今年
最後のフィールドワークを行っています。現在も雪は降り続いております。
掲出の写真は、本日の仙台・定禅寺通の「光のページェント」のようすです。ケ
ヤキたちは雪をまとって、さらに輝きを増しているように感じられました。
すてきなホワイトクリスマスの夜となりました。
 
    (Hitosh) 今、仙台ですか。
光のページェント、素晴らしいですね。

今年は、旧奥州街道も何とか仙台まで辿り着き、
今、仙台(荒町~北目町)をHPに纏めている最中です。

また、これからもよろしくお願い致します。
 

今年もあと僅かになりました

 投稿者:momo  投稿日:2010年12月25日(土)22時16分38秒
返信・引用
  こんばんはぁ♪★
お元気にお過ごしのようで何よりです。
街道歩きも順調ですね。
今年もあと数日となりました。
忙しくなりますので 早めのご挨拶です。
どうぞ楽しいお正月をお迎えくださいませ。
来年も宜しくお願いいたします。
 
    (Hitosh) 今晩は
お蔭さまで、大過なく過ごしております(^_^)

それにしても、momoさんの行動力には、毎度の事ながら
頭が下がります。
今年も、多彩な写真を楽しまさせていただき、
ありがとうございました。

こちらこそ、来年もまたよろしくお願い致します。
では、良いお年をお迎え下さい。
 

今冬の夜景 (16)

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月25日(土)10時40分37秒
返信・引用 編集済
  > 素敵なクリスマス・カードありがとうございます。

来春、然る高貴な方が、ライト・アップされた建物の近所(二週間ほど前に、新郎の
御尊父様も巻き込まれた暴動がありました)にて、御婚礼の挙式を執り行われますが、
記念に発行された肖像画硬貨(日本円でン百円相当)が、王室評論家より「御二人に
似ていない」と酷評され、造幣当局が弁明に追われているとか。これが「美化」なら、
歴史上、枚挙に暇は無いのですけどね。

> 最近の神社人気は尋常じゃないです

いわゆる「パワー・スポット」人気かと思われますが、その根底には、あらゆる面で
閉塞感を増しつつある浮世の下「困った時の何とやら」との意識が強いのでしょうか。
かくいう我が家でも、蔵相の「非常(識)事態宣言」発動で、クリスマス・ケーキを
購入するのは、相場が下落する明日以降となりました(^^)

♪御正月にはサジ投げて、首も回らず寝てましょう。早く来い来い、給料日(哀)

============================================================================

神戸の夜景が百万ドルなら、横浜は幾らに評価されるかと、ここでも銭ゲバ全開状態。
ちなみに、神戸が百万ドルとされたのは、昭和20年代当時、六甲山から見渡す地域の
電灯数を 500万と推定、一箇月間の電気代を当時のレートで換算した結果だそうです。

第二次大戦後から「ニクソン・ショック」までは、金本位制に基くブレトン・ウッズ
体制の下、1ドル=360円の固定相場が続きましたが、これに現在の円高相場、および
飛躍的に増加したであろう灯火数を加味すると、幾らになるでしょうね。
 
    (Hitosh) 横浜の夜景は幾らなんでしょうね。
市の財政は厳しいです・・

でも地元ですが、横浜の夜景は何度行っても素晴らしいです(・。・)
海外では、サンフランシスコが印象的でした。


 

ご無沙汰しています

 投稿者:トキ子  投稿日:2010年12月24日(金)16時02分28秒
返信・引用
  今年は体調思わしくなくご無沙汰ばかりで
失礼してしまいました。
今年もあと1週間私は相変らず生き甲斐の音訳でけは
続けています。
HPも掲示板が更新できない時サーバーからの閉鎖の
おしらせ気づかず消えてしまいました。
新にtopの目次から入れるように設置しましたので
これからも宜しくお願いいたします。

http://www.geocities.jp/tokiko22111abc/indexmenu/indexmenu.html

 
    (Hitosh) 此方こそ、ご無沙汰しております。
新掲示板の件、了解です。
これからも、よろしくお願い致します。

可愛らしいクリスマス・カードありがとうございました。
 

クリスマス・イブ

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月24日(金)08時40分37秒
返信・引用 編集済
  TVを漫然と観る限り、この師走は、クリスマスに浮かれる特有の雰囲気が、あまり
感じられず、一方「初詣は○○神社へ」という手合いが目立つなど、景況感を如実に
反映した印象を受けるのですが、気のせいでしょうか。

周囲の商況を見ると、明らかに昨年より減退気味と、桃色吐息、もとい、青色吐息の
日々ですが、来年こそは多少は回復して欲しいものです。そんな切実な願いを込めて、
神仏混合信徒の私ではありますが、メリー・クリスマス。
 
    (Hitosh) 素敵なクリスマス・カードありがとうございます。

最近の神社人気は尋常じゃないです・・・
 

今冬の夜景 (15)

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月22日(水)08時23分19秒
返信・引用 編集済
  > そういえば、高尾山からも良く見えました。

気象条件次第では、赤城山・唐沢山・三毳山からも見えそうですね。茨城県内ですと、
筑波山や十八番の「虹の塔」更に「大洗マリン・タワー」や県庁舎も該当しそうです。

============================================================================

肝心の観覧車が白一色で潰れてしまいましたが、これまでに、あれこれ撮り貯めた中、
ようやくマトモな夜景らしきが撮れた、という印象です。かの「虎の子」を差し置き、
ルミックスに浮気ベッタリでした。下段画像は羽田空港の様子ですが、国際化に伴う
滑走路増設の産物か、照明が少しカラフルになった様な。
 
    (Hitosh) 夜景は、難しいですね。
匙加減(露出)で、雰囲気がまるっきり変わってしまいます。
 

今冬の夜景 (14)

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月21日(火)12時11分20秒
返信・引用 編集済
  > みなとみらい地区は、APEC期間中は、○○危うきに近寄らずでした

くんし【君子】学識および人格に優れ、徳行を備えた人………私は該当しませんので、
危うきに近寄っても問題は無さそうです、多分(^^)

==============================================================================

すっかり定番となった「LMタワー」からまず御覧頂くのは、新旧タワーの比較です。
右側「スカイ・ツリー」は、撮影した時点では、まだ高さ 500mを越えていませんが、
それでも既に「東京タワー」を大きく凌駕している様子が、良く判ります。ちなみに、
LMタワーからの距離は「ツリー」が33㎞「タワー」が25㎞です。

背後に筑波山が見えますが、筑波山神社(ケーブル・カー宮脇駅付近)と女体山頂の
標高差と、完成時の「ツリー」の高さが、ほぼ同じ様です。そう考えると豪気ですね。

日も暮れて、いよいよ夜景本番。この時は三脚を用意しておらず、さりとて、荷物と
床を使って手で押さえつけ固定すると云う、従来の手法では、シャッター開放時間が
15秒であっても、確実にブレる為、カメラを「放置」する場所と撮影角度の確保には、
結構、難儀しました。それでもなお、中段画像は少しブレてしまいました。
 
    (Hitosh) スカイ・ツリーは高さといい、太さ?といい目立ちますね。
先日、首都高速で傍を走ったとき、その大きさに圧倒されました。

そういえば、高尾山からも良く見えました。




 

横浜港の風景 02

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月20日(月)11時15分55秒
返信・引用 編集済
  > あの一画には古くからの鰻屋や、寿司屋がありました。

五反田は、それほど馴染みの地と云う程でもありませんが、それでも、東急池上線の
ガード下辺りでしたか、風情を感じたものです。池上線と共に、ローカル情趣が多々
感じられた目蒲線も、現在は地下鉄直通の目黒線として陣容を一新し、一方、大崎は、
従前の工場街の印象が、湘南新宿ライン・りんかい線の整備に伴う拠点化で一新され、
Uターン就職から既に20年経つ身としては、交通導線の変化が比較的少ない五反田に、
少々、安堵すらしてしまうのでした。

> 何故か河豚料理屋もありました。

河豚ですか………そう言えば「河豚刺し」もここ十年以上、御無沙汰ですねぇ(涙)

============================================================================

横浜を訪れたのは、実は「APEC」開催直前で、全国各地から応援動員された警察官や
海保の艦船が目立つ、緊張した状況の中、それでも、週末行楽の人出は相変わらずと、
ミスマッチな雰囲気が強く感じられました。神奈川県警ではないので、通行者に道を
訪ねられても判らず、恐縮している警官も見受けられましたね。

全国に11ある海保の管区は、それぞれの本部所在地が、小樽・塩釜・舞鶴・門司など
海洋系ならではの感覚で分布しており、ここは、首都圏という最重要管轄域を擁する
第三管区の本部御膝元。横浜での開催となれば、それゆえの面目躍如たるや、推して
知るべしですね。
 
    (Hitosh) みなとみらい地区は、APEC期間中は、
○ ○ 危うきに近寄らずでした・・・(・_・、)
 

横浜港の風景 01

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月18日(土)11時30分36秒
返信・引用 編集済
  > 川幅や土手の様子から、目黒、五反田、大崎、品川と流れる目黒川だと思います。

後日の調査で、五反田にて飲んでいた旨、確認しました。御慧眼 恐れ入ります(^^)

============================================================================

次なる夜景は、十八番の横浜「LMタワー」ですが、それに先立ち、大桟橋を中心に
横浜港界隈を、あちこち散歩したので、おまけを少々。

若い女の子達が「きゃ~可愛い~」と喚声を挙げているので、何事かと思えば、少々
時期尚早(撮影日は先月上旬)のサンタクロースが「乗務」する船の出航場面でした。
これから何処に旅立つのかと、感慨深く見送っていましたが、少し離れて船の全容が
明らかになると、実は横浜港界隈を周遊する遊覧船と判り、ちと拍子抜け(^^)
 
    (Hitosh) 横浜に、こんな可愛らしい船があったのですか。
知らなかったです(・_・、)

五反田で目黒川側というと、あの一画には古くからの
鰻屋や、寿司屋がありました。
川の反対側のトンカツ屋も懐かしいです。

それから、何故か河豚料理屋もありました。
この店は、価格もリーズナブルで良く利用したことがあります。
今でも、あるのかなぁ・・

 

今冬の夜景 (13)

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月17日(金)12時18分48秒
返信・引用 編集済
  > 思い出すのは科学万博(中略)渋滞で駐車場に着くまでエライ苦労をしました。

NEC・東芝・富士通など、電子機器系企業のパビリオンが、大混雑でしたね。毎日、
○○館は待ち時間が○十分、との報道に、人混みが極端に苦手な雑魚青年(当時)は、
一族郎党の中で唯一、博覧会を見物せず終いでした。博覧会がピークを迎えた盛夏に
発生した日航機の事故では、科学博帰りの方が少なからず犠牲になった様で、今なお、
襟を正す思いです。

> 陸の孤島呼ばれた地域が、今はすっかり新興住宅地に変身しておりますね。

子供の頃、社会科の授業で使用した、茨城県編纂による副読本によると、港湾開発が
始まる以前の鹿嶋界隈も「陸の孤島」扱いで、東海の原子力施設用地や、ひたちなか
海浜公園(水戸射爆場跡地)を加えると、茨城には「陸の孤島」が多かったのですね。

=============================================================================

雑魚れ~す、御世話になりますれす。何か、目黒の方で飲んだ記憶があるんれすけろ、
カメラ調べたら、見覚えの無い風景が映っていたれす。一体、何処なんれしょうね~。
うぷっ………(以下、モザイク処理)

ちなみに翌朝、気がついたら、背広姿の侭、自宅の居間に倒れていました。財布には
常磐線の最終特急の指定券がありましたが、全く記憶にございません………(頭痛)
 
    (Hitosh) 無事にご帰宅できたようで、良かったですね。

この写真の川は見覚えがあります。
川幅や土手の様子から、目黒、五反田、大崎、品川と
流れる目黒川だと思います。
 

今冬の夜景 (12)

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月16日(木)08時20分26秒
返信・引用 編集済
  > 引込み線(会社専用線)が確かあったと記憶しておりますが、今は無いようですね。

良く御存知ですね。仰る通り「タキロン」「東京製鋼」の引込線が、石岡側に向けて、
常磐線に並行しつつ 2km近く延びていましたが、現在は線路もほぼ剥がされた様です。
常磐炭鉱の関連を含めると、かつて、茨城県内の常磐線では、半数以上の駅で引込線
接続がありましたが、現在は友部と日立に残るのみで、それとて規模は縮小気味です。

============================================================================

表筑波スカイ・ラインの最終章では、遠く東京の灯を望みつつ、筑波研究学園都市を
御覧頂きましょう。TXの開業を受けて、沿線の宅地開発が急速に進捗していますが、
学園都市自体も、従来の技術集積型に留まらない様相が整いつつある様にも感じます。

この御時勢にあって、活況を呈する筑波界隈は、茨城県にとって頼もしい存在ですが、
その一方で、我々 県央・県北勢は「南北問題」の下、指を咥えがちなのでした(^^)
 
    (Hitosh) 筑波学園というと、すぐ思い出すのは科学万博。
小さな子供を連れて行き、渋滞で駐車場に着くまでエライ苦労をしました。

当時のメイン会場跡が、今の科学万博記念公園なのですね。

TXと言えば、途中の陸の孤島呼ばれた地域が、今はすっかり
新興住宅地に変身しておりますね。
 

今冬の夜景 (11)

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月15日(水)09時28分34秒
返信・引用 編集済
  > 隅田川のは入っていないのですね

大仙や土浦の場合、業界団体の意を呈した競技大会としての意味合いも強く、かかる
趣旨を以て「日本三大」と位置づけたのかと思いきや、長岡は単なるイベントの様で、
定義の基準が良く判りませんね。知名度で云えば、隅田川はダントツかと思いますが。

============================================================================

画像は土浦市街東側、常磐線の神立駅付近越しに見た霞ヶ浦の様子です。湖畔に近い
低湿地気味の平坦地には、蓮田が広がっており、開花期になると、常磐線車窓風景の
一台風物詩となります。
 
    (Hitosh) 常磐線の神立駅というと、
工場団地のイメージがありました。

それから引込み線(会社専用線)が確かあったと記憶しておりますが、
今は無いようですね。
 

今冬の夜景 (10)

 投稿者:雑魚  投稿日:2010年12月14日(火)10時04分38秒
返信・引用 編集済
  > 富士山は日本一の山です。これに対向する、被写体はそうはありません(^_^)

御意。中国から多数来訪する観光客にとっても、単独峰で安定した円錐形状を擁する
富士山は、大人気だそうですね。

============================================================================

土浦の中心街から少し右側に視線を移した先、ナトリウム灯の橙色が一際目立つのは、
昨年春、国道六号線バイパス沿いに開業した「イオン土浦SC」です。前回の投稿で
言及した「全国土浦花火競技大会」は、霞ヶ浦湖畔でなく、SC隣接地で行うとの事。
安全対策の観点から、花火当日だけは、SCも完全休業するそうです。

………となると、この撮影地も、花火の見物足場として人気を博するのでしょうかね。

 
    (Hitosh) 日本の三大花火大会は
大曲の全国花火競技大会、土浦の全国花火競技大会、
そして長岡まつり大花火大会をさすとのこと。

隅田川のは入っていないのですね(・_・、)  
 

京都樫原

 投稿者:孫右衛門  投稿日:2010年12月14日(火)00時06分23秒
返信・引用
  > No.3070[元記事へ]

画像はこちらです。

http://www8.ocn.ne.jp/~kyosyu/

 

レンタル掲示板
/66