teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:119/1319 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

一関

 投稿者:孫右衛門  投稿日:2011年 6月23日(木)23時35分15秒
  通報 返信・引用
  奥州街道もいよいよ陸中国に入りましたか。
一ノ関は(地名は一関ですが駅名表記のほうになじみがあります)、初めての泊りがけでの一人旅で、初日に泊まった町です。
ホテルはごく普通の、今でも全国チェーンで展開しているサンルートホテルでしたが、当時はずいぶん高級ホテルに感じ、一人でホテルに泊まるなど夢のようなことでしたので、オートロックの客室から締め出されフロントの厄介になったりと、それは不慣れなものでした。
当時弱冠高校一年でした。
一ノ関の町も散策することなく、当時は鉄道に乗ることが目的の旅でした。それでも翌日は松島に直行し遊覧船にも乗りました。その時に乗った電車は寝台電車を改造した、現在は廃車になっている車両だったことはよく覚えています。
岩手県は私の古い町並として全く掲載できていないのがずっと気になっていますが、以後も何度か訪問はしていて、海岸線をレンタカーでなめるように北上したこともあります。軒並み津波の直撃被害を受けた地区で、あんなに穏やかな姿を見せていた入り江の風景がなぜと、テレビで繰り返し報道されるたびに思います。

これは先日訪ねた島根県美保関の旅館街です。

http://www8.ocn.ne.jp/~kyosyu/

 
    (Hitosh) はい、やっと宮城県を終え岩手県に入りました。
旧奥州街道は距離がありますので、歩き甲斐があります・・・

一関のサンルートホテルは私も泊まりました。
全国各地にありますので、会員になり良く利用しております。
でも、高校一年生で泊りがけの一人旅とは、やはり凄いですね。

美保関の写真貼付、ありがとうございます。
いい町並みですね。
美保関というと、民家に落ちた隕石のことを思い出しました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:119/1319 《前のページ | 次のページ》
/1319