teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


塗装組合のHP

 投稿者:小柳  投稿日:2012年 6月11日(月)11時59分35秒
  加盟している東京工業塗装協同組合はホームページを持っています。
ドメインが変わり、HPのSEO対策が新たに必要になりました。

以前のHPと見た目は変わりませんが、運用上必要なためにリンクを張ります。
SEO対策は、コツコツと周りの協力も大切です。

http://www.coat-tokyo.com/

 
 

技術士、総合技術監理部門

 投稿者:小柳  投稿日:2012年 4月 3日(火)12時16分58秒
  先月、技術士の総合技術監理部門を取得しました。
既に金属部門は取得しておりましたが、これで二部門目です。
当社は、金属塗装を生業としているので、金属部門で最初取得した訳ですが、実際に塗装は、塗料(化学)・設備(機械)・生産システム(経営工学)・環境と多岐にわたり関わります。そのため、当初から目標が総合技術監理部門でした。

塗装は、工学的な体系があまりありません。インターネットで調べれば、判らないことはある程度調べられますが、その出所はどこなのでしょう? 時には、一定条件のもと説明が成り立つものもあり、技術の信用とは何かを模索しておりました。
今回、これを取得したことで、より信用のある情報を提供できると思います。
(守秘義務もありますので、限度もありますが...)
 

水らしい。

 投稿者:小柳  投稿日:2011年 9月 7日(水)17時40分36秒
  人間にとって絶対に欠かせないもの。水。
実は、表面処理でも水が欠かせない処理がある。
電気めっき、無電解めっき、アルマイト、電着塗装など...
これらは、ひとくくりに言うと湿式処理という。
要は、純度の高い水を必要とし、製品を液に浸漬する処理である。

最近は、円高で輸出関連の仕事は、苦しい状況である。
報道でも、生産拠点を海外に移す中小企業も出てきいているという。
しかし、インフラ(特に水)が整っていないと高品質な製品が出来ないのが、この湿式処理なのである。中国あたりでは、電気は供給されても高品質の水道水の確保が難しい、若しくは設備するのにコストが掛かりすぎるのだろうか?
めっき屋、アルマイト屋さんも同様なことを言っていたが、「水が悪くて表面処理は、日本でないと..」という顧客があると言っていた。昨日顧客から「この部品は、中国に持って行って組み付けするんです。」と初めて話を聞いた。やはり原因は水らしい。(あくまで推定です。)
 

変えたほうがいい...

 投稿者:小柳  投稿日:2011年 7月 8日(金)15時28分50秒
  我々の工業塗装の専業者の多くは、業種分類として、「金属製品塗装業」としている。
この前、知り合いになった中小企業診断士の方からこんな指摘をされた。
総務省の日本標準産業分類による「金属製品塗装業」の定義は、
「主として、他から支給された金属製品にエナメル、ラッカーなどの塗装を行う事業所をいう。」
例えば、エナメル塗装事業者やラッカー塗装事業者

「エナメル塗装業」 はっ!?、って感じである。

「焼き付け塗装」「金属塗装」なら分かるが、エナメルは、どうなのか?
この前のジュニア大会や、東京の組合、職業訓練校の先生、長老にも聞いて見た。
結論は、「古すぎる。変えた方がいい...」
しかし、技能検定の問題にも「エナメルラッカー」と記載があった。
時代に合った技術内容に変えたほうがいいと思う。
いや、変える。

 

日本工業塗装協同組合ジュニア大会全国大会

 投稿者:小柳  投稿日:2011年 7月 4日(月)07時45分40秒
  7月2日の土曜日は、年に一度の全国ジュニア大会。今回1時間の講演をさせていただきました。演題は、「業界の外からみた工業塗装と、金属に関わる話。」

今回、講演をやらせていただくにあたり、各地区のヘッドをはじめ、関係者の方々、会員の皆さん、データや情報を提供して下さった方々には、この場を借りて厚く御礼申しあげます。

これまで技術士会や大学で講演・講義もやらせていただき、自分自身をスパイラルUPの中に身を投じてきました。
今回、ようやく技術士として塗装業界に関われるようになりました。これからもっと業界の発展に繋がるよう、研鑽を積みたいと思います。それが、自社と自分のためになると私は考えています。

つたない話でしたが、1石投じてみて、その波紋を見ることができました。
後の懇親会でも、同年代・同じ立場の人たちから、いろいろな思いを託されました。それが、今後の方向性になると考えています。

これで技術士会、塗装業界、と来ましたので、次は我が町への貢献です。
「町に戻るのかよ!」と思う方がいるかもしれません。いや逆です。
私の地元の墨田区は、大田区の次に金属加工の多い地域です。おかげで技術と技能の違いを教えられ、技術士となるための金属の知識と経験も、身に付けさせていただきました。
今後は、技術士会・大学、塗装業界、金属加工、この3本柱で回してゆきたいと考えています。
 

技術士会

 投稿者:小柳  投稿日:2011年 1月31日(月)07時47分27秒
  久しぶりの書き込みです。
1月29日は、技術士会のパネルディスカションでパネリストをやらせていただきました。
つたない話でしたが、聴講していただいた皆さん、ありがとうございました。

技術士試験に対する熱い思いは、正直徐々に冷めてしまいます。
それは、技術士に合格することが、目標ではない、目標は遙か先にあるからです。
そうはいっても、皆さんに伝えることで一つけじめが付けられて良かったと思います。

ガイダンスに参加するという行為そのものが、まず行動の第一歩です。
周りに技術士のいない方は、技術士に接するためにどうしたら良いかを考えて行動しましょう。ネットで情報を集めるだけでは、成長の速度は、早まりません。
自身で、情報を発信し、その反応で自分を磨くとという方法が、技術士への近道だと私は思います。(そのお陰で、1回目の試験で合格しました。)
 

年度末を迎えて

 投稿者:小柳  投稿日:2010年 3月31日(水)18時03分3秒
  2009年の年度末をおかげ様で迎えることができました。
今年度の内容は、散々です。
正直いって事業継承が課題でしたが、何とか今日までは生き残れました。

先月末くらいから、少し動きの兆しが見えており、新規の仕事も数件立ち上がりました。
捨てる神あれば、拾う神あり、巡り合わせとでも言うのでしょうか。
ありがたいことです。
もう一つ、昨年は暇だった分、「勉強」させていただきました。

技術士がとれたのも巡り合わせというか、運を感じます。
技術士は、「必要な人に与える資格」とも言われています。
はっきりした受験動機・目標がないと、面接試験で落とされます。
そういう意味では、この1年間は試練の年でもありました。
我慢しながら、力を蓄えておりました。

明日から年度が替わり、気分新たに頑張りたいと思います。
 

技術士登録しました。

 投稿者:小柳  投稿日:2010年 3月24日(水)18時35分22秒
  3月19日付けで、技術士(金属部門 No69671)に登録されました。
今後は、技術士しても活動させていただきますので宜しくお願い申し上げます。
 

技術士試験合格しました。

 投稿者:小柳  投稿日:2010年 3月10日(水)18時13分18秒
  3月5日に技術士試験の発表がありました。
お陰様で、金属部門ー表面技術に合格することができました。
ご指導いただきました方々に、厚く御礼を申し上げます。

現在、申請の書類を収集中です。
4月には、晴れて「技術士」と名称表示できる予定です。
技術士資格は、技術コンサルタントの資格です。
これで私自身、コンサルタントとしても業務を受けることができます。

今後も宜しくお願いいたします。
 

新年を迎えて

 投稿者:小柳  投稿日:2010年 1月 7日(木)17時49分42秒
  あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
昨日より新年の営業が始まりました。

5日から挨拶回りをしていいましたが、やはり景気のいい話はありませんね。
しかし、前向きな話はいろいろと聞けました。
当社も、何社かの引き合い・開発案件を抱えており是非とも、物にしたいと考えております。
 

レンタル掲示板
/11