teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. 返信ありがとう(0)
  4. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:119/3042 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

エベレスト日記 5/16①

 投稿者:7 weeks in Tibet  投稿日:2017年 5月17日(水)00時50分31秒
  通報 編集済
  今日は8200mの最終キャンプへ上がる。朝トイレ(大)にテントを出たのだが、それだけで大変。テント内で中腰で高所靴を履き、外へ出て尻を出してしゃがみ、用を足して立ち上がると息が上がって猛烈に苦しかった。今日からは終日酸素マスクをつけながらの登りとなる。10時ごろにキャンプを出発。酸素を吸うと、やはり調子が良い。とはいっても、無酸素で重荷を背負うシェルパにようやく追いつけるスピード。15時ちょうどに最終キャンプ地に着くとテンディとチェダーがテントを張る場所を探しているところだった。高度計は8070mを指しているが、もう少し上だろうか。気圧計を見ると370 hPa。テントサイトは皆狭く、2-3人用テントしか張れない。我々の持ってきた4-5人用エスパースでははみ出してしまうが、仕方が無いので無理やり張る。数十センチ空中にはみ出した状態になり、はみ出した部分にはコッヘルや酸素ボンベなどが滑り落ちて居心地は悪い。北嶋さんはなんとこの高度でもシェルパに火を借りて、「不味い」と言いながら一服している。スモーカーとしての意地?に脱帽。最終キャンプからは山頂がすぐそばに見え、すぐに登頂できそうに見えた。全員がキャンプに入ったのは17時前くらい。アタックに出る予定時間は22時でたった5時間しかない。それまでお湯を作ってスープを飲んだり、せんべいを食べたりして過ごす。  
 
》記事一覧表示

新着順:119/3042 《前のページ | 次のページ》
/3042