teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. OB・OGスレ(29)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


引退試合

 投稿者:49期坂下  投稿日:2017年 5月25日(木)23時18分10秒
  ◯棒高跳び
2m30㎝    ◯
2m40㎝    ×××
悔しい結果に終わりました。練習跳躍では2m80㎝にバーをかけていて、踏み切りも合っていて、バーに足も届いて、とてもいい動きができていました。にも関わらず、本番では、30は1回目で跳べたけど動きがダメダメでギリギリの跳躍で、40も空中で体が動かずダメでした。気持ちでは絶対跳ぶと意気込んでいたのですが跳べませんでした。県大会という緊張と最後だという焦りに負けました。また、今までうまくいった大会は、1本目でいい跳躍をして流れにのっていくというリズムがあったのですが、今回その流れを作ることができませんでした。最後の最後で自分の本番での弱さを改めて実感しました。ベスト更新、あわよくば入賞と思っていたのでとても悔しいです。跳びたかったです。

高校に入って、思いがけず棒高跳びをやっている先輩がいて、なんとなくかっこいいなーと思っていたので軽い気持ちで棒高跳びを始めました。はじめは先輩もいたので金井に行くのもついていって面倒だとも思わず練習していました。でも先輩が引退して1人になってからは、1人で行くの寂しいなーという気持ちから金井に行くのが億劫に感じたり、気分じゃないから行かないということもありました。でも、金井のみんなは行くと必ず笑顔で入れてくれるし、楽しく練習できたし、アドバイスもたくさんしてくれました。尾崎先生にも熱心にご指導頂きました。さらに2年になってからは後輩の男子が2人棒高跳びに入ってくれました。そのおかげで1人のときより頻繁に金井に行くようになったし、寂しくなくなったし、より楽しいし、何より良い刺激になりました。柏陽の練習も、みんなが仲良くて楽しくて、しっかり練習できて、とてもいいものでした。正直いうと辛くてやめたいと思った時期も多々ありましたけど笑。やめなかったのはやっぱり仲間がいたからです。本番は時間のかかる試合のビデオを全部とってくれたり見に来てくれたり応援してくれたり。本番もアドバイスをくれたり、リラックスさせてくれたり。本当に練習環境、周りの人たちに恵まれていました。ずっと支えられていました。今になってきづきました。感謝の思いでいっぱいです。柏陽と金井の両方で練習ができてよかったです。この大好きな人たちに出会えてよかったです。

その人たちのためにも、最後は本当にベストを出したかったです。
悔いは残りましたが、3年になってからはベスト更新できたし、いい思いもできたし、やりたい種目もできたし、何よりも楽しい部活だったので、本当によかったです。
樋口先生、青山先生、布田先生、尾崎先生、部員のみんな、金井のみなさん、
本当に今までありがとうございました。
 
 

県総体

 投稿者:50期中根  投稿日:2017年 5月24日(水)19時24分23秒
  3日目に棒高跳びに出場しました。
結果は、3m60でした。練習跳躍では上手くまとまっていた感じがするし、正直ベストは跳べると思ってたので悔しいです。ただ、今回わかったことも多かったです。

。踏切が真っ直ぐにならないとになるとうまくポールが曲がらない

。曲がりが小さいと金井でできた動きができなくなる

。踏切が真っ直ぐいって曲がりが大きければうまくできる

。踏切のうでが前に出るとうまく上の動作ができない

ことが分かったので

。踏切を真っ直ぐ

。金井でやった、両腕を鉄棒みたいに横に持っていって、体を締めて上に行く感じ

を意識して

充分曲がるポールを使って大きく曲げて、金井でやった動作をして流れないようにして、上に体をしめる

ができるようにしたいです。
金井でうまく出来た動きが今日は全くできなかったので、もっと練習して次の記録会では上手くできるようにしたいです。
また、ポールが硬く感じるのは助走が遅かったり、踏切の時に体がポールに負けていたりしたのも原因なので、次の記録会まで時間があるのでそこも鍛えたいです。

自分は、次はこうしたいとか次こそベスト出したいとか結構軽く言っていたけど、実はもうそんなに跳べる機会が無いんだと痛感させられました。高校の記録会、大会で跳べるのもあと1年なので、一つ一つの記録会や大会に今までよりももっと準備して取り組みたいと思いました。もっと筋トレとか走り込みとか、棒高の動作じゃないけど大事なメニューを頑張らないと、と思いました。今年中に420までは跳びたいと思っているので、がんばります。

最後に、応援してくれた人、カメラ撮ってくれた人、顧問の先生方、本当にありがとうございました。
 

Next Stage

 投稿者:49期 雨宮 大樹  投稿日:2017年 5月23日(火)16時17分27秒
  たくさん書いてたため遅くなりました申し訳ありません。

最後のインターハイ路線の県総体がありました
1日目は土砂降りで、3.4日目は暑くて体調崩した人もいるみたいで気温の変化って大変だなって思いました
反省いきます

八種競技

1日目

100m 11.19(-0.3) PB 819点
スタートがかなりうまく決まって前傾も30m前まで出来ていたので良かったと思います。
周りの選手の持ちタイムが速かったので勝ってやろうと集中を高めることが出来ていたと思います。
しかし、後半周りが追い上げてくると力んでしまって失速しすぎているので地区総体の4継のような走りをできるようにしたいです。
柏陽記録も見えてきているので、無駄に意識しすぎず自分らしくってそこで記録を更新できていればいいと思います。


走幅跳 6m61(+1.7) 723点
            6m32
            F
非常にもったいない跳躍となってしまいました
1本目はセカンドベストなのですが、普段より上に跳べたぶん、着地の面で良くなかったです。
自分は空中動作に入るのが早くて直ぐに沿ってしまうので、上に跳べたとき足がすぐ落ちてしまいました
そのせいで20~30cm程ロスしてしまっていたので反省です。これから幅の練習で助走を短めにして上に跳んで空中で我慢する練習を取り込んでいきたいです。
2.3本目はなぜかラスト4歩くらいで無理にスピードをあげている感じがあって踏切も弱く、低空飛行していました。いつも合わせに行った1本目が一番いい記録になるので2.3本目で修正して記録を伸ばせるようにしたいです

砲丸投 9m23
            7m28
            9m62 463点
全くダメでした。練習投擲で10後半飛んでいたにも関わらず力んでしまい、また雨で滑り、悲惨な記録になってしまいました。
県総体前に中学に行き、投擲の先生に指示を貰ったことを生かすことが出来ませんでした。
自分はひじが上がってしまうことがおおくて無理に投げている感じになっています
それを直すためにグライドの姿勢を少し高くしてリリースポイントも高くすることが練習で出来ていたのに本番出来なかったので、反復練習で体に感覚を叩き込んでいきたいと思います。
練習では11いくので本番で出せるようにしていく

400m 50.96 (24″5,26″5) PB 771点
内側に速い選手がいたのであまり意識せず、外を抜いていこうと考えていたら150くらいで抜かれてしまってそこで焦ってペースを上げたせいでラスト持ちませんでした。
自分の持ち味は最初の100を飛ばして、100~200はリラックスしてラスト150から上げるというのですが、他の選手に振り回されてしまいました。
それでも自己ベスト出ているのでしっかり自分のペースで持っていけるようにしたいです
またココ最近前半がとても遅いのでもう少し上げていきたい。
学校の300とかはしっかり走れているのでそこからラスト100あると思って意識して練習していこうと思います

1日目総合 2776点
一応ベストですが微々たるものです
1日目で2850~2900を取りたいと思っていたのでかなり残念です
ひとつひとつ少しずつ修正すればいける記録なので狙っていきたいと思います

2日目

110mH 14.96(+0.6) 854点
スタートから4台目からは自己ベスト出るくらいのスピードでいけていたのですが、前日の疲れもあるのか後半体が動かずにペースが明らかに落ちているのが分かりました。なのでぶつけずに行こうと思って上に飛んでた印象がありました。
1日目の疲労をどうやって抜こうかいろいろ試行錯誤しているのですが、まだ答えは見つかりきっていません。ですが、アイシングと温めることを交互にしていればある程度疲労が抜けることは分かっているのでそこは欠かせずにやっていきたいと思います。
ハードルに抜き足をぶつけると、やり投、高跳びに影響出てくるのでそこはぶつけないように、だがスピードはしっかり出してをやっていく。

やり投 50m67 PB 599点
            F
            47m13
やっと50mを超えることができました
練習投擲では44~46くらいで調子が良く、今日はいけるんじゃないかと思っていたところ記録が出たので良かったです
2本目はスピードを上げていったのですが、助走が合わずにファールしてしまいました。
あと、2.3投目はやりの角度がすこし低くて、伸びが無かったので練習を通してできるようにしたいです。

走高跳 1m72 ○
            1m75 -
            1m78 ××○
            1m81 ○
            1m84 ×○
            1m87 ××○ 687点
            1m90 ×××
本数を跳びすぎました。今シーズン初の高跳びだったとはいえ感覚が掴めなさすぎていました
記録を残すたまに172を跳んだのは良かったものの、内傾に向かうラスト5歩で左足をもっと外側に出すことでスムーズに内傾できると思います。空中で右側に傾いているせいで、落ちる時に右側のケツが100%あたってしまっているので真っ直ぐ反れるようにしたい。
助走は安定してきたのでこのままいく
ココ1年ずっと187なのでそろそろベストだしたいです...笑
今回良かったのは181でしっかり反れていたのでそのまま上の高さに行ってもできるようにする

1500m 4′47″96 631点
400 70″15
800 81″50   2′31″65
1200 81″25                3′52″90
1500 54″93                              4′47″83(マネさんタイム)

1年半ぶりの10秒自己ベストです。
最初の300を56秒でいこうとしていたが前が速く、51秒で入ってしまったので付いていくのをやめてペースを落としたことで後半800m落ちずにペースを上げて走れることができた。
ラスト200でかなりダッシュできていた
気温もまあまあ涼しくて、かなり走りやすい環境だったので、夏の暑い時でもこれくらいで走れるようにはしておきたいと思います。
基本的に長距離の練習はしてなかったけど、冬季のスピードジョグなどがきいたのかなって思いました
あれはちゃんとやっといた方がいいです
体あったまるし笑

2日目 2771点
こっちは200点ほど?ベストです
八種の中ではハードル、やり、1500がベストがでて、調子良かったです。
ただ、ハードルと高跳びがまだまだいけると思うので2850あたりまで伸ばしたいです


総合5547点 3位
前までのベストが5297点なので250点ベストです。
1日目と2日目の得点がほとんど一緒だったのでそこは安定しててよかったかなと思いますでも、1日目の方が得点取りやすいのでもっと伸ばせるようにしたい
南関東、インターハイ、全国選抜で5800を狙っていきたいです。

4日目
110mH
予選 15.11(+0.3)
準決 14.74(-0.1) PB
決勝 14.93(-0.3) 3位

予選は5.6台目当たりから楽に走って最後流してこのタイムが出ているのでもっと行けるかなって思った。八種の疲れが残っていたため予選はあまり力を使わずに突破できるように心がけた

準決は去年の県新人のファイナリスト4人いて、とてもハイレベルなレースになったが、スタートから安定していて、自己ベストが出せたのでよかった。1度も勝ったことない人に勝てたので決勝へのモチベーションもかなりあげられたとおもいます

決勝は5台目まではとても良かったが、7.8.10台目でぶつけてしまい、また7台目で隣と手がぶつかってしまった時に焦ってしまって後の台をぶつけてしまったと思う。
隣と手をぶつけることがたまにあるので、ぶつかっても焦らずにリラックスして走れるようにしたいです。
でも14秒台が安定して出てきているので14.65のU20日本選手権標準を切れるようにしたいです


今回2種目で南関東に進むことができました。
今度は中1日でとてもハードなスケジュールになるので、間の疲労抜きをちゃんと行いたいと思います。
2種目インターハイ出場、入賞できるようにここからは怪我をしないようにしっかり体のケアを行いつつ、各種目の微調整をしていきたいと思います。

最後になりますが、青山先生、布田先生、樋口先生、柏陽陸上競技部のみなさん、卒業した先輩がた、応援に来てくださった保護者の皆さん本当にありがとうございました。
これからも応援のほどよろしくお願いします。
 

かけがえのないもの

 投稿者:49期 宮路  投稿日:2017年 5月22日(月)22時49分39秒
編集済
  2017年5月20日に僕は柏陽高校陸上競技部員として最後のレースに出場しました。個人種目は全部地区予選で落ちてしまいましたが、最後にマイルでみんなと走れて本当にたのしかったです。それでは反省に行きます。

4*400mR
宮路 52"63(23"8,28"9)
大津 1'43"84   51"21(23"3,28"0)
田尻 2'35"41   51"57(23"6,27"9)
石濱 3'25"16   49"77(22"4,27"4)
周りの人にもいわれていて、自分でもスタートする前に意識したのですが、結局力んでしまいました。地区予選が終わってずっとこの日に合わせて調整をしてきたのですが、最後の最後で思うように実力を発揮できませんでした。前半力んでいることに気づいて力を抜こうとしたのですが、全然うまくいかなくて、結果前半いつものような加速ができないまま、後半大幅に失速してしまうという最悪な走りになってしまいました。バトンを渡すときには組でほぼ最下位になってしまっていました。しかしそれにもかかわらず、残りのマイルメンバーは決して諦めなくて最後には二位になれるんじゃないかと思うくらいの位置にまで追いついていて本当に感動しました。

ここで終わってしまったと気づいたときは、関東も狙っていたしめちゃくちゃ悔しくてショックでした。でもそれ以上に周りに、一緒に悔しい思いをしている仲間達がいて、ドンマイと励ましてくれる友達がいて、おつかれって言ってくれた先生達がいて、今まで中学から5年間陸上やっていてこんなにたくさんの人たちに支えられてきていた事に改めて気づいて、目の周りが熱くなりました。
僕は陸上が大好きです。5年間でやめたいと思ったことは一度もないです。でも僕はいくら陸上競技が好きでも、一人だったらおそらく苦しくてやめたいと思ったであろうところも、仲間がいたからこんなに長くやってこられたし、こんなに長くやってこられたからこそ、たくさんのかけがえのない、仲間、友達、ライバル、先輩、後輩、指導者、チームメイト、に出会えたのだと思います。こんなに多くの人たちに出会えた陸上競技をまだやめたくない、もっと走っていたいです。だからまだまだ大学でも続けるつもりです。

僕が言うのもなんですが、後輩達にはどんどん強くなって関東や全国に行ってほしいです。僕はみんな、特に二年生には支えてもらってばっかりだったので、みんながお互いを支え合えば、すごく強くていいチームになるはずです。

最後になってしまいますが、今まで一緒に練習やってきた同期、先輩、後輩、熱心に指導してくださった先生方、競ってきたライバル、応援に駆けつけてくれた親や友達、そして陸上やっていて出会ったすべての人達、本当にありがとうございました。
 

6m50cm

 投稿者:49期 坂之上徳博  投稿日:2017年 5月17日(水)10時02分18秒
  土曜日に行われた県大会1日目に出場しました。もともと雨予報で対策はしていきましたが呪われたように幅跳びの時間は豪雨でした。着替えもジャージもウィンブレもびしょびしょになってしまいましたが、石濱と宮路に助けてもらい、リレーに向けて体の冷えなどを気にせず臨むことができました。助け合いっていいな、と感じました。
書きたいことがたくさんあるので長くなると思います。何いってんだこいつと思った方はとばしてください。反省行きます。

走幅跳び 6m50(+0.6)

ベストですね。ベストですが……という感じです。今めちゃくちゃ悔しいです。
当日は雨ということで青山先生にこういう日は何かあるぞ、と言われていましたが、実際何かありました。雨とそれに伴う寒さでみんな体があったまっていなかったのか1本目終了時点で5位につけました。あまりに突然のことだったことと、例年と比べ全体的に記録が伸びていないことにここからみんな伸びてくるんだよなという焦りがある一方で高揚感を覚えました。走り幅跳びの試技数が1本でいいのにと今日ほど思った日はないと思います。
2本目以降、だんだんと周りの選手は調子を上げて行きました。それでもボーダーは62cmだったので1本目の結果からみると手の届きそうなところにありました。しかし、その状況に自分は弱かったです。1本目は無心で跳びましたが、2本目以降62cmを意識してしまい、助走スピードが出ていなかったり、踏切を意識しすぎてずっと改善しようとしていた顔の向きが下がってしまいました。そうなるとやはり記録が伸びず、県大会10位に終わりました。
雨という特殊な状況でしたが、1本目でベストを出して県大会10位という結果は中学生の頃と比べたらかなりすごいことだと思います。ですが、そこで決勝や南関東を掴めないところが自分の弱さだなと思います。南関東に行きたいとかいろいろ言っていましたが、本心では全く自信はなく、不安ばかりでした。跳べないイメージばかりで、ベストが出るかどうかもわかりませんでした。そんな中で突然目の前に現れたチャンスに動揺し、焦ってしまいました。こういったところで、普段の意識の差、どれだけそこを目指してきたかが問われるのだと痛感しました。
また、試合が終わってからどうして自分は着地練習を疎かにしていたんだろうと思いました。今回足を引っ張ったのは着地で、そこを改善できていればあと20センチは伸びたと思います。前々から下手くそで何度も言われてきていましたが全く練習していませんでした。理由として、踏切の方にばかり目がいってしまっていたのだと思います。確かに跳躍にとって踏切は重要で、実際に昨シーズンは踏切に悩まされ、今シーズンに入ってから踏切がよくなり、記録は伸びました。そうして目が着地の方に向きましたが、すでに遅かった。今思うと、昨シーズンの冬季にもっと全体像を捉えて、踏切があまりよくないが、着地の練習も平行して行おうと考えられれば良かったです。
6m50という記録はベストだし、跳躍自体も気持ちよく跳べました。その点は良かったと思います。ですが、全体を通して反省する点が多く残ってしまいました。だめですね。思えばあと一歩のところで負けてばかりでした。陸上競技にかける少しでも多い時間と意識の大切さを感じるとともに、自己分析と全体像を把握することの重要性を感じました。
また、改めて自分は負けず嫌いで一生懸命やってきていたんだなとも思いました。

1、2年生は優秀な人も多く、とても楽しみです。僕が言えることではないかもしれませんが、目標は高く、迷いなく持って、たとえ伸び悩んでも自分を信じた方がいいと思います。一気に記録が伸びる時が来るので、もしそれが県大会だったとしても焦らずにやっときたぐらいのつもりでそのまま南関も掴み取ってください。

4×100mリレー 43.20(10.37)

リレーにも出場させていただきました。市民大会決勝で走りが硬くなってしまい、総体予選は怪我で代わってもらったので流れは悪い状態でした。当日も朝から跳んで疲労感があったのでまたあの時のようになってしまうのでは、と不安がありました。
ですが、反省を生かして、アップで走りたくてもやめておく、リラックスして走るということができていたと思います。
走り自体についていうと、少し詰まっていましたが、バトンパスの出だしはよく、バトンをもらってからも力まず走れていたのではないか、と思います。湘南工大附属が前にいましたが追いつくことができず、根本的な自分の遅さは感じましたが、出せる力は出し切ってしっかり走れていたと思うので良かったです。
メンバーの中ではおそらく僕が1番の不安要素であり、頼ってばかりで、かなり心配をかけていたと思います。もっと力があったり、安定していればその不安をなくして、もっといい雰囲気に持って行けたなぁと思います。
柏陽4継のメンバーとして走れたことを誇りに思います。

最後になりましたが、ここまでご指導してくださった、樋口先生、青山先生、布田先生本当にありがとうございました!また、最後まで応援してくださった柏陽陸部のみなさんありがとうございました。辛いこともありましたが、とても充実した高校陸上生活でした。大学に入っても続けたいと思っているので、よろしくお願いします。
まだ県総体の残っている2、3年生頑張ってください!1、2年生の活躍を楽しみにしています!
 

県総体反省 1日目 2日目

 投稿者:49期 石濱  投稿日:2017年 5月17日(水)09時05分33秒
  1日目は400mと4継に出ました。

400m 50.79 予選落ち
準決勝には行きたいと思っていたのでかなり悔しいです。言い訳としては8レーンで走りにくかったこと、雨の中アップを早めにやりすぎて冷えたことです。200の入りはいつもより遅かった割に後半その分頑張ることができ、50秒台にはのりました。自分の限界はここなのか、あと少しで届くと甘く考えていた49秒はまだまだ遠いものでした。最後の100mに差し掛かった時、気持ちが落ちてしまいました。今後、単独で400mを走ることはないのでマイルのラップで48秒台を出すことを目標に頑張ります。また、最後の100mで同じことをしないようチームで戦います。出しきれなかったぶんマイルでかまします。
400ハードル 57.91
一応ベストでした。ただ、6台目でつまりスピードがゼロになりました。それまでの流れは今までになく良く、1台目も突っ込むと決めていたのでそこを実行できたのは良かったです。また、3台目だけハードリングもうまくいき、全体としては心残りはありません。樋口先生に53秒台を出すことを宣言していたのに全く届きませんでした。申し訳ないです。この差もマイルで埋めるしかないそう考えています。ハードルはないですが、全力でぶつかっていきます。
4継 43.20
自分のところで止まりました。当日、自分が総体の時とは違って400を一本しか走っていなかったこともありかなり体が動いていました。2走との距離をもう少し縮めておくべきでした。1.2.走は安定してうまいバトンでした。バトンも走りも攻めないと決勝に行けないことは承知だったのでこれは攻めた結果です。悔しいのはもちろんですが最後もこのメンバーで走れて良かったです。
感謝します。
最後になりますが、樋口先生、布田先生、青山先生、応援してくださった皆さん、マネージャーの方々ありがとうございました。3日後のマイルに向けて全力で準備します。応援よろしくお願いします。南関いきます。
 

中途半端

 投稿者:49期 坂之上徳博  投稿日:2017年 5月12日(金)22時56分25秒
  今シーズンの反省を全く投稿していませんでしした。こういったところで少しの差が生まれるのだろうと思います。周りの人とも意識の差を感じ、中途半端になってしまっていたことに気づかされました。
全体を通して反省いきます。

100m 11.40(+1.9)
かなりのベストです。
同じ組に西岡と木村がいて、かなりのプレッシャーの中でのレースでした。
スタートがかなり良かったのですが、後ろから迫ってくる西岡を意識してしまい硬くなりました。残り20mの走りはバラバラでそこでしっかり走り切れればもう少し記録を伸ばせたと思います。

200m 23.5
中高合わせて初めて200mに出場しました。
スタートで出遅れてしまい、焦ってしまいました。またストレートに入ってから向かい風を受けて失速してしまい、焦って力んでと悪循環でした。レース自体はあまり良くなく悔しさもありますが、楽しめたのでよかったとおもいます。

三段跳び 12m39
なんとか自己ベストは更新することができました。県記録会では、幅跳びもそうなのですが、踏切や踏み切ってから目線が下がってしまっていてそこが記録が伸びなかった理由の一つかなと思いました。市民戦ではそれを改善できてベストを出すことができました。まだまだ伸ばせそうなので、機会があったらまた跳びたいと思います。

幅跳び 6m27 (-0.2)
総体予選でベストを更新し、なんとか県大会に繋げることができました。
跳躍自体は2年で怪我をしてから感じていなかった上へ跳び上がることができ気持ちよかったです。その理由として、助走のラストで変なリズムにならずしっかり刻めたこと、踏切で下を見なかったことだと思います。
改善点としては助走スピードが遅かったこと、踏み切ってからずっと下を向いていたこと、着地ができていないことが挙げられます。
県大会ではまず潰れることを恐れずにしっかりスピードに乗る、踏み切りで上に飛び上がるイメージを持ち、顔を下げないように意識する、1センチでも遠くに着地するために着地でお尻から着くイメージを持つことを意識したいです。
かなりのベストを出さないと柏陽記録更新、雨宮に勝つ、決勝に残る、南関に行くことはできませんが、最後まで自分を信じて狙っていきたいです。頑張ります。

4継
市民戦ではせっかく決勝に残ったのに自分の走りが硬く賞状を逃し、総体予選では怪我のため急遽雨宮に代わってもらうと何度も迷惑をかけてしまいました。
明日の県大会では4走として出場させてもらうので攻めて、リラックスして柏陽記録を狙っていきたいです。

最後になりますが、ここまで応援してくださった青山先生、布田先生、樋口先生、部員の皆さん、マネさん、応援に来てくださった方々ありがとうございました。
明日は全力で頑張ります。



 

市総体

 投稿者:49期 石濱 透  投稿日:2017年 5月11日(木)23時40分41秒
  400.400ハードル、4継、マイルにでました。

400 一次予選 50.98 二次予選 50.19
またまたベストでした。最後の試合になるにつれて結果が出て、順調な仕上がりです。
一次予選では、周りについて行く人がおらず全て自分のペースでした。いつも、前にいる速い人について行くことを念頭に置いた走りをしているので少し走りづらかったです。しかし、その中でも50秒台が出たことは自信になりました。また、8レーンになった時のいい練習になりました。
二次予選では競り負けました。ラスト50mくらいで抜かれて硬くなり首も振ってしまいロスが多かったです。走りに関しては二本とも腕振りがまだまだでした。足の運びは良くなったので、もう少し腰を高く維持して後半に疲れを残さないよう走り切りたいと思いました。
県大会では、予選から49.5を狙っていきます。まだ自分の限界が知れていないので、最後突っ込みます。
競ったら、焦らず前を向き腕を前まで振って粘ります。頑張ります。

400ハードル 58.41
ギリギリで県大会に進むことができました。久しぶりだったのもあり、全て高く跳び無駄ばかりでした。インターバルもそれほど走れておらずショックでした。ハードリングどうこうよりも、最後は自分の走力を信じてインターバルを全力で走ります。55秒出します。

4継 42.55
柏陽記録までもうもうもう少しでした。悔しすぎて何を言ったらいいかわかりません。自分が400を2本走っていたり、疲れはもちろんのことですが、バトンもうまくいって、、いろんな懸念が残りました。けれど、今のチームはそのレベルに達しているという嬉しさもありました。県大会でまだもう一度チャンスがあります。そこで、バトンも走りも全て攻めて全力で柏陽記録を塗り替えに行きます。

マイル 3.22.64
ラップタイムが遅すぎました。初めて2走をやり、走り方の難しさを感じました。自分はやはりアンカーで頑張ります。
前半から足が流れ、追いついてこられてる感覚を身に感じ取った瞬間焦りました。ただ最後はあまり落ちずに腕振りが意識できました。県大会ではかなり接戦になることが予想されるので、そこで勝ちきるために今回のミスを生活かしたいと思います。3.18を出して南関東行きます。流れは良くも悪くもきてます。やり切るしかないです。

全体を通して、腕振りの意識を県大会に持っていきたいと思います。そこだけは最後意識して、全種目ベスト出します。
どれだけ、上の大会につなげるか、とてもとても楽しみです。自分の限界を確かめられる県大会にしたいと思います。

最後になりますが、青山先生、布田先生、樋口先生、応援してくださった皆さん、マネージャーの方々ありがとうございました。あと残り僅かの試合もどうぞよろしくお願いします。
 

次から

 投稿者:50期中根  投稿日:2017年 5月 9日(火)07時56分58秒
  題名を忘れてました!
 

(無題)

 投稿者:50期中根  投稿日:2017年 5月 9日(火)07時55分48秒
  総体予選で、棒高跳びに出場しました。
結果3m60
340   〇 - -
360   ? 〇 -
380   ? ? ?

今回こそはベスト出ると思って臨んだ試合でしたが三回連続のベストタイの記録でした。今回は空中の動作はあまり考えず、助走と踏み切りを意識して跳びました。その分ポールも硬いものが使えたし、踏み切りがいいと360までは安定して跳べると思えました。でも、今回の跳躍は踏み切ったあとの左手が突っ張ったままで、うまく空中の動きに切り替えられていませんでした。前から知っていたことでしたが、今回もあまり意識できませんでした。次は、助走と踏切は今回の良かったのをそのまま出来るようにして、踏み切ったあとの左手を意識して跳べるようにしたいです。
最後にカメラを撮ってくれた人、応援してくれた人、顧問の先生方など本当にありがとうございました。
 

レンタル掲示板
/258